ダイエットに効果的?断食を断食道場やホテルで実践

断食のメリット

断食のメリット

 
子供のころから、たくさん食べて健康的な生活を送るという考えをお持ちだった方はどれほどいらっしゃるでしょうか?
人間をはじめとする動物は、食べ物から生きるために必要な栄養素を補給しています。
そのため、そのような栄養素がなくなってしまうと健康的に生きていくことができなくなってしまいます。
 
そういった背景から、しっかりと食べることは重要だと言われるようになってきました。
しかし、基本的に現代の日本では食に困るということはほとんどなくなってきていますし、
なにより現代人の多くは食べすぎです。
食べるのが当たり前の状態ですので、食べないのは良くないと思いがちですし、
3食しっかりと食べるのが健康的だと信じられています。
 
そのため、断食と聞くと健康を損なうリスクがあると考えられがちですし、身体に悪いから断食などやめた方が良いと言われることも少なくありません。
しかし、断食にも様々なスタイルがあります。
食を断つと書いて断食ですが、断食中は絶対に何も食べてはいけないというわけではありません。
 

また、断食も重要ですが、断食を終えてから最初に食べる食事が最も重要と言われています。
せっかく断食で体がきれいになったのに、飢えから断食中に食べられなかったものを好きなだけ食べてしまうと断食が無意味になってしまいますし、
断食前よりも不健康になってしまう可能性が高いのです。
 

つまり、正しい断食、無理のない断食を行えば、
断食が悪いということはなくなります。
それどころか、正しい断食を行うことができれば様々なメリットを得ることができるのです。
メリットはたくさんありますが、例えばダイエット効果、デトックス効果、生活習慣病の予防作用などが期待できると言われています。
 
ダイエット効果では、単純に痩せるだけではなく、
健康的に痩せることができるのが断食ダイエットの良さです。
食べないですので物理的に痩せていくことができますし、断食をすることによって胃が小さくなっていきます。
胃が小さくなれば、早い段階で満腹感を得られるようになるため、
たくさん食べすぎても断食前より少量で済むのです。

 
人間は、基本的には食べたものからエネルギーを消費していくことになります。
そのため、日常生活を送る中で食事をしたら、その食事の中からエネルギーが使われていきます。
消費するエネルギーよりも摂取エネルギーのほうが少ない場合は、
体内のエネルギーを使うため痩せていきますが、反対の場合は太っていきます。
 

断食中にエネルギーを消費する場合は、
当然食品からのエネルギーを使うことはできません。
体内にため込んでいるエネルギーを使うことになるため、断食をするだけで脂肪燃焼効果を得られるのです。つまり、断食をすることによって、食べないことでのダイエット効果、脂肪燃焼でのダイエット効果を得ることができるというわけです。
 
デトックス効果では、断食で体の中をきれいにすることができます。
体内にたまった老廃物などをすべて出し切ることによって、身体の中の毒素がなくなり、
アンチエイジング効果も期待することができます。
ダイエット効果も合わさって、きれいに痩せていくことができるのです。
 
断食をすると、それまでずっと働き続けていた胃腸を休ませることができるようになります。
体内の活動から消化と吸収が止まりますので、これによって排泄活動が活発に行われるようになるのです。
そして、排泄活動によって体内の老廃物や毒素を身体の外に出し切ることができるのです。
 
デトックス効果を得るには、人によっても異なりますが数日から10日間の断食が必要だと言われています。
しかし、中には1日や2日の断食で排泄活動が活発になったという方もいらっしゃいますので、
デトックスやアンチエイジングなどに興味のある方は、まずは短い期間の断食から始めてみるのもよいのではないかと思います。
 
それでは、断食と生活習慣病にはどのような関係性があるのでしょうか?
美容やダイエットといった効果のほうが注目されがちな断食ですが、実は断食の生活習慣病予防作用はかなり大きいと言われています。
具体的には、コレステロールや中性脂肪の減少効果、高血圧や高血糖などの予防に良いとされています。
 
先ほども述べましたが、断食をすると胃腸の活動が一時的に止まります。内臓を休ませることができますので、その間に体内の期間が回復します。内臓が回復すれば、当然病気になるリスクを減らすことができますし、臓器を今まで以上に活性化させることができますので、生活習慣病のリスクを下げることができるのです。
 
美容やダイエットということで女性が注目しがちな断食ですが、働き盛りでそろそろ生活習慣病が気になってきたという男性にも実践してもらいたいです。断食をすることによって体が軽くなり体調がよくなる、という方もたくさんいらっしゃいますので、まずは1日の断食から始めてみるとよいと思います。
 
このように、断食には様々なメリットがあります。しかし、間違った断食をしてしまうと逆効果になってしまいますので、まずは正しい断食の知識を付けてから断食に挑むようにしましょう。
 
 
 

断食についてはこちらを参照)


リフレッシュの森
http://danjikidiet.com/
断食道場


 

断食を成功させるために



 
断食を成功させるためには、まずは断食がどのようなものなのかという知識を付ける必要があります。ただやみくもに食べないというのは正しい断食ではありませんし、朝起きるのが遅かったから朝食を抜くというのも、断食とは若干異なります。
 
そして、断食をすることによって体にどのような変化が現れるのかを知ることも重要になってきます。断食の目的は人によって異なるかと思います。痩せたいから断食ダイエットをするという方もいらっしゃいますし、アンチエイジングに効果的だと聞いたから断食にチャレンジするという方もいらっしゃるでしょう。
 
確かに断食には様々な効果がありますが、その根底にあるものは、断食をすることによって内臓を休ませるというものです。固形物を胃に入れないことになりますので、それまでフルに活動していた胃をはじめとする内臓は、一時的に休止することになります。
 
内臓を休ませることができれば、老廃物を排出しやすくなりますので、結果的にデトックス効果を感じることができるのではないかと思います。それと同時に、体内に蓄積されているエネルギーを利用するため、脂肪燃焼効果も実感することができるのではないでしょうか?
 

このような効果によって、断食はダイエットや美容、アンチエイジングなどに良いとされているのです。つまり、内臓を休ませるということに重点を置きつつ断食を行えば、自然とダイエット効果が生まれますし、自然にデトックス効果を感じることができるというわけです。



 
断食の目的をはっきりとさせたところで、いよいよ断食を始めるのですが、始めるにあたって気を付けなければならないことがあります。それは、朝起きてから今日から断食をしてみよう、といきなり思い立たないことです。断食は計画的に行うものですので、事前に断食をおこなう日を決めておくようにしましょう。
 
そして、その日に向けて断食の下準備をする必要があります。もちろん必ずしなければならないというわけではありませんが、数日前から断食のための準備をすることで、より断食の効果を実感しやすいのです。
 
具体的には、断食の数日前からできるだけ肉類や油っこいものの摂取は控え、ヘルシーな食事を心がけましょう。肉類や油っこいものは体に蓄積されやすく、また食べすぎると体内で腐敗してしまいます。断食を行うと言っているのに、体内に無駄な毒素が増えてしまうのです。
 
断食で体の中をできるだけ早く空っぽにするためには、なるべく消化の早い食品を摂取するようにしましょう。そうすれば、断食当日の朝はすでに胃の中に何も入っていない状態からスタートできますので、より早く内臓を休ませることができるのです。
 
断食当日は、ひたすら食べないということを守りましょう。しかし、基本的には固形物を摂取しなければ良いだけですので、水分は何を取ってもかまいません。できれば水やミネラルウオーター、お茶くらいにしておきたいですが、必要であればコーヒーを飲んでも問題ないです。また、中にはアルコールを摂取する方もいらっしゃいます。
 
アルコールも少量であれば問題ないのですが、空っぽの胃にお酒が入ると胃があれやすくなりますし、酔っぱらいやすくなります。そして、酔っぱらうと食欲に抑制が効かなくなる可能性もありますので、せっかくの断食が夜になって失敗してしまう可能性が高くなります。
 
例えば10日間の断食をするとなった場合に全くお酒を飲まないのはつらい、という方もいらっしゃるかもしれません。しかし、1日や2日の短期の断食の場合は、お酒も同時に控えた方が良いのではないかと思います。
 
 
 
 

断食と回復食


 
 
断食の中で最も重要だと言われているのが、断食が終わった翌日の食事になります。回復食などと呼ばれることの多い食事になるのですが、目安として1日断食したら1日かけて通常の食事に戻すというものが挙げられます。
 
断食後は、特にお腹が空いていないという方もいれば、お腹がすきすぎて極限状態だという方もいらっしゃるでしょう。前者の場合も、何かを少し食べて胃を刺激したら、いきなりお腹がすきだすということがあるかと思います。
 
ずっと何も食べていなかったので、お腹がすくのは当たり前のことかと思います。しかし、ここでドカ食いしてしまうと断食の効果がまったくなくなってしまいますし、逆に断食前よりも不健康になってしまう可能性もあります。
 

例えば育ち盛りのころは、夕食のころにはお腹がすきすぎて、脂っこいものや炭水化物を好きなだけ食べた、という経験をお持ちの方も多いでしょう。サラリーマンの方であっても、仕事後には空腹の状態でビールとつまみを食べ、そのあとにラーメンでしめる、という方がいらっしゃるはずです。


 
もちろんたまにはそんな食生活でもよいかもしれません。さすがに毎日となると体に悪いですし、生活習慣病をはじめとする病気になりやすくなります。断食後はかなりお腹が空いてがっつりと食べたい、という方も多くなるかと思いますが、このようなドカ食いは絶対にやめてください。
 
休んでいた胃に急に重たいものや油っこいものを入れると、びっくりしてお腹を下しやすくなりますし、せっかく断食で休ませた胃腸をはじめとする内臓が急にフル稼働させられますので、身体にも負担がかかってしまいます。それでは、断食後の食事にはどのようなものが適しているのでしょうか?
 
断食の翌日は、消化が良くて体に負担のかからないものを選んで食べるようにしてください。具体的には、野菜スープやフルーツ、ヨーグルトなどになります。少しお腹を満たしたいという方は、おかゆを食べるのもよいでしょう。たんぱく質がほしい方は、豆腐などの大豆食品を食べましょう。
 
基本的には、脂っこいものを摂取するのは避けてください。また、例え1日の断食であったとしても、胃は断食前と比べて確実に小さくなっています。そのため、同じおかゆを食べるにしても、いきなり飲み込むようにがっつくのではなく、スプーンで少しずつ口に運ぶようにしましょう。
 
休んでいる腸内をゆっくりと起こしてあげるように、少量ずつ食べ物を流し込んで強い激してあげてください。できれば朝食、昼食は上に上げた身体にやさしいものを取るようにしましょう。夕食からは普通でも構いませんが、できれば消化に良いヘルシーなものを摂取するように心がけましょう。
 
 
 
 
 

 

本気の3日間の断食



 
初めから3日間の断食はきつい、という方もいらっしゃるかと思います。しかし、すでに1日の断食や2日間の断食をやったことがあるという方は、3日間の断食にチャレンジしてみましょう。また、本気で体質の改善をしたい、身体の抵抗力を高めたいというような方は、初めてであっても3日間の断食にチャレンジしてみるのもよいかと思います。
 
断食期間が3日間と長いですので、断食の前日までの数日間は、断食のための準備期間としましょう。また、金曜か月曜が休みの3連休を利用するのが良いのではないかと思います。もちろん平日に行うことも可能ですが、いつもと全く違う体調になる可能性もありますので、自由の利く休みに行うのが良いと思います。
 
準備期間は、少なくとも3日間はほしいです。油っこいものや肉類をできるだけ避けた、ヘルシーな食品を摂取するようにしてください。これらはお腹にたまりやすいですし、消化に時間がかかります。断食前に消化の良い食品だけを摂取すれば、断食が始まってからすぐに胃の中をきれいにし、デトックス効果が早めに出るようになるのです。
 
準備期間が終わったら、次はいよいよ断食のスタートです。3日間ありますが、基本的には水分のみを摂取するようにしましょう。固形物を取らないこと以外は、普段といつも通りの生活を送ることになります。毎日同じ時間に食事をしていたという方は、その時間になるとお腹がすくかもしれませんが、その分しっかりと水分補給するようにしてください。
 
なお、食事を抜くことによって体が冷えてしまう方もいらっしゃいます。運動をすることによって体を温めることができますので、時間のある方は体を動かすようにしましょう。しかし、何も食べていませんので激しい運動は避けるようにしましょう。ヨガやストレッチなどの軽い運動をして汗を流すとよいと思います。
 
また、お腹が空いて辛いという方もいらっしゃると思いますが、そういった方はヨーグルト程度であれば摂取してもかまいません。ただし、食べすぎに注意してください。それから、断食中に頭が痛くなる、という方もいらっしゃいます。人間は塩分が不足すると頭痛に悩まされますので、梅干しをお茶に溶かして飲むなどするとよいと思います。
 
中には、3日間何も食べないという方もいらっしゃいますが、例えば朝だけおかゆと梅干を食べ、昼食と夕食を抜くといった断食のスタイルでもよいのではないかと思います。固形物を全く胃に入れないのとそうでないのとでは若干断食の効果も変わってきますが、何も食べないのは辛すぎるという方は、自分なりで断食スタイルを作っていくとよいでしょう。
 
断食を3日間することによって、胃腸をはじめとする内臓の機能がしっかりと休まり、断食前と比べると活動が活発になります。また、新陳代謝が良くなりますので、身体が温かくなるという方もいれば、汗をかきやすくなったという方もいらっしゃいます。
 
そのため、脂肪燃焼効果が強く表れて体重が落としやすくなります。また、回復食にさえ気を使えば、リバウンドなどもしにくくなるはずです。デトックス効果やダイエット効果を実感できるだけではなく、不思議と健康にも気を使おうという気持ちになるのではないかと思います。
 
断食中は体に刺激のあるものを摂取する機会がないため、お酒やタバコなどもいらないと感じる方が多くなります。摂取してはいけないというわけではありませんが、あまりほしくなくなるという方が多いですので、必然的にお酒の量やタバコの本数も減るはずです。健康に気を使うという点では、禁酒や禁煙のきっかけとしてもよいのではないでしょうか?